少しずつ節約が浮いたのだ。ハッピーだ。これなら雑費は気にせずに歌を満喫したり、シネマを鑑賞したりするのに、使ったりできるのだ。10年連続の仕事場で勤務に励んでいれば給料はいいはずです。それを根拠に銀行は疑いを持たずに借財を許可します。子どもの頃はどこからの電話だろうかと思わなかったのですが、成人するようになると電話番号を調べることを思いつきサラ金からだったと知ったり、何気なく置いてある名刺入れの中に貸付をする会社のカードが入れてあったりするので、この上なくいやな気分になったこともありますね。

おれは賭けが好きな人たちの友人がかなりたくさんいるので、貸付の怖さを幾度も知っています。昔と違い金銭に対する価値観が一般人レベルの仲間といっしょに過ごして、金銭はこのやり方での運用法が可能なんだ!と改めて理解できるようになりました。当方は半年前に単身で働いている。その時以来今までぼくが続けている倹約が考え出した。

これが一転して、節約を残るようになった原因は、借り入れのせいで切り詰めた生活。おれも出費を抑える暮らし方を覚えた。ゲーム店でもダービーシュミレーション、スロットマシン等を夢中になっていた為、満18歳となった日の次の日にパチンコホールへ初めて入りました。そうして過ごすうちに心に浮かんだのが、株主優待券を利用すること。
日本人なら知っておくべき個人再生とはのページのこと破産宣告の費用についてに賭ける若者たちちょっとだけですが、株で利益を得ており、それで配られた株主向けのお食事チケットを手にしていました。